江田島の海から生まれた、藍のうつわ

Born from the sea of ​​Etajima, indigo ware

scroll

瀬戸内海に浮かぶ美しい島「江田島」。
そこで生みだされる、藍を纏ったうつわたち。
銅を用いたオリジナルの藍香釉(あいかゆう)が
重厚感のある独特な色味を作りだす。

今回は若狹祐介さんの作品群から、
夏のイメージにぴったりの「藍香」をご案内。
長野県初出展の陶芸家さんです。

Hiroshima/Etajima Nagano/Azumino
江田島の地図

1st Exhibition Etajima Blue

Ceramist 陶芸家

若狹 祐介Yusuke Wakasa

1978
広島市生まれ
2003
奈良芸術短期大学 卒業 /
能登島ガラス工房 修了
2004
広島にて陶芸の修業入り
2010
能美島にて独立
2018
全国公募展多数入選・
主に西日本で個展開催
スライド1
スライド2
スライド3
スライド4
スライド5
スライド6
スライド7
スライド8

access

OPEN 13:00〜17:00
CLOSED 水 / 木 / 日 (祝日は不定休)

事前にご予約いただければ、時間外でもご覧いただけます。 お気軽にお問い合わせください。